男の人

生活に欠かせないシャッター|故障の際には業者へGO

このエントリーをはてなブックマークに追加

豊富な種類

シャッター

世の中には沢山のシャッターがあり、そのシャッターがある事で防犯対策にもなるでしょう。主に4種類に分けられるので、場所によって最適なものを選ぶと良いです。業者と相談しながら選びますが、あまり知識がないのであれば任せるのが一番だと言えます。種類に関しては軽量や軽量電動、重量電動やオーバードアとなります。一般的には個人のガレージや企業の倉庫などに使用されているでしょう。軽量シャッターはポピュラーであり、手動での開閉が可能なので楽です。軽量電動は、その名の通り電動なのでモーターを使用して開閉を行います。リモコンで操作するので女性でも簡単に扱う事が出来るでしょう。先ほど挙げた軽量シャッターよりも音が静かなので、夜でも問題なく利用が可能となります。

重量電動は軽量電動と比べて規模が大きいというだけで、使い方に違いがあるわけではありません。どちらも停電時には手動に切り替えられるというメリットを持ち、もしもの時に開閉できないというピンチを避ける事が出来るでしょう。オーバードアは個人のガレージに用いられる事がほとんどです。今まで説明してきたシャッターは巻き取り式ですが、この場合はレールにスライドして収納します。また、素材は木製や金属製などが用意されており、住宅のイメージに馴染むデザインのガレージを作り出せるでしょう。個人でも企業でも、シャッターに関して何か思う事があるのなら業者に問い合わせてみると良いです。

修理を依頼しよう

ヘルメット

シャッターが壊れてしまったら、専門業者に修理を依頼子する必要があります。まずは症状から見積もりを出してもらいましょう。業者を利用する際の流れを把握し、口コミなども確認しておくと安心です。

Read More

万全な状態

シャッター

普段使用しているシャッターに問題が発生すれば、生活が送りなくくなるかもしれません。シャッターは防火対策としても役立っているので、被害を最小限にする為にも万全に状態にしておきましょう。

Read More

電池の交換

作業員

障害物感知装置が正しく作動しているおかげで、私たちは安全にシャッターを使う事が出来ています。電池の寿命は約5年なので、切れたら交換しましょう。事故を未然に防げるはずです。

Read More