電池の交換|生活に欠かせないシャッター|故障の際には業者へGO
ウーマン

生活に欠かせないシャッター|故障の際には業者へGO

このエントリーをはてなブックマークに追加

電池の交換

作業員

最近のシャッターには、障害物感知装置がついている事がほとんどです。これは事故を防止するのに欠かせないと言えるでしょう。シャッターが閉まる時、人がいたり物があったりすれば、センサーが反応してストップするのです。センサーがついているという事は電池が必要という意味でもあります。使い続けていれば自然と電池は切れてしまうので、定期的に交換する必要があるでしょう。電池が切れたままなのに放置していると障害物感知装置が作動せず、人が挟まる事故が起こる恐れがあるのです。こうした電池の寿命は平均5年程なので、寿命が近づいてきたらきちんと作動しているか確認しましょう。また、寿命を過ぎても動くケースもあります。長持ちするのは良い事ですが、センサーの感度が鈍くなっていないか確かめる必要があります。

シャッターの電池は約5年持つと言われていますが、シャッターの使用頻度でも差が出ます。また、気温にも左右されるでしょう。ガレージに使われているシャッターは日光が照り注ぐ事も多く、電池に影響が出やすいかもしれません。電池の残量が減ってくると、センサーの感度が鈍くなるので、それを目安にすると良いでしょう。自分で交換を行う人もいますが、やはり業者に任せた方が安心なのは間違いありません。電池の交換をお願いする際には、ついでに他の部分も点検してもらうと良いです。障害物感知装置を正しく作動させ、安全にシャッターを使用していきましょう。